IMG_2820
5月13日の日曜日、カワイ横浜プラージュにて、発達障碍ピアノレッスン情報交換会・横浜が行われました。
音楽セラピストの平野桂子先生をお迎えし、一緒にスタッフをされている三橋さんや三輪先生もお越しいただき、授業の話や介助支援、外出支援の話などもしてくださいました。

とにかく、音楽で生活支援になるよう、という意図があり何が弱いからそれを強くするための、音楽の中での習得。これが平野先生の経験からたくさん出てきます。勿論、それに必要な教具なども惜しみなく披露してくださり、参加した先生方もメモをしたり写メしたりしていました。
「すぐにレッスンで使えます!」 
と、うれしい反応もたくさんありました。

例えば、写真のタンバリンタッチは、踏ん張る力を要します。
勿論楽しく発散しながら〜の中からです。
お手玉をつまむ、は指の力。そこからリコーダー指導に至ります。
Oボールの中にスカーフを入れる。指先の強化、器用になるように〜ですね。
そんな感じで、遊びの中にも意図があります。

また、先生の言葉かけの大切さも伝えて下りました。
否定せず、でも正しい方に誘導したり、音楽の完成度ではないので成功体験を本人に伝える言葉かけ。
これは先生の心の使い方、だとのこと。
先生の引き出し、指導内容やグッズだけでなく、言葉や心に関しても増やしていきたいですね。

ピアノの先生は個人レッスンで、かつ生徒さんも習いに来る意思があり通ってくださいます。
学校は集団で、いろいろな生徒さんがいます。
その違いはありますが、音楽を通してその子のために何かできること、は共通です。 
それが音楽性を追求するのか、その前に生活に必要なことの習得があってのものなのか、この違いも大きいです。その点を今後も各自がフォーカスして、レッスンに生かしていけたら、と感じました。

午後は予報通り雨でした。
教具など大荷物を持ってきてくださった平野先生たちに感謝しつつ、第二弾も視野にしている
横浜分科会です。

ちなみに横浜の次回は、8月30日木曜日。
テーマは「よろず相談所」 の予定です。